鳴いている、リュウキュウアカショウビン

リュウキュウアカショウビン (Ruddy Kingfisher)

名称(ヨミ)リュウキュウアカショウビン
中分類ブッポウソウ目
小分類カワセミ科
形態ヒヨドリほどの大きさで、カワセミと同じく頭とくちばしが大きい。全身が赤茶に見えるが、翼はやや紫がかっている。夏羽が新しいうちは、角度によって羽毛の表面が紫色に光る。くちばしと足は真っ赤。腰に空色の羽毛がある。雌雄同色。幼鳥はくちばしがやや短く、全身がくすんだ色合いである。亜種アカショウビンは、翼の紫が薄く、腰の羽毛は白。
生息種類夏鳥(渡鳥)
概要【分布】
南西諸島や東アジアで繁殖する夏鳥で、東南アジアやインドで越冬する。徳之島では庭木や森林の樹洞、川の土手などを利用して営巣するため、巣を作りやすい場所で見られる。

【生態】
4月中旬から下旬に渡来し繁殖、9月中旬に渡去する。「キョロロロロロロ」と特徴的な通る声で鳴き、縄張りを宣言する。「クッカルルル」とも鳴き、島口の名称「こっかる」や「くっかる」などは、その声の聞きなしに由来すると思われる。昆虫やクモ、トカゲ、カニ、魚、カタツムリなどを食べる肉食性。獲物は枝にぶつけてやわらかくしてから食べる。樹洞を利用したり、川の土手や枯れたソテツに穴を掘って巣を作る。営巣中や子育て中は気が強く、ガラスに写る自分を感じて突進し、ときに首の骨を折って死ぬこともある。餌が同じリュウキュウサンコウチョウともライバル関係にあり、互いの声に反応して近づいてきたり、争う姿も見られる。

【島内の目撃情報】
集落内で営巣することもあるが、大きな木の樹洞や土手に穴を掘って利用することが多いため、山麓の沢や平地の大木のまわり、川沿いで見かけることが多い。夜明けごろ縄張りを宣言しながら飛び回るため、鳴き声を頼りに探すと見つけやすい。

※関連URLに音声データあり。
観察できる場所山の沢沿い、樹洞のある大きな木の周辺
関連URLhttps://drive.google.com/file/d/1tWTs2xV8iREQ_fr2BTWtJRxhLPXC5S0U/view?usp=sharing

PageTop