ウンブキのアカヒゲ(雄)

アカヒゲ ( Ryukyu Robin )

名称(ヨミ)あかひげ
中分類スズメ目
小分類ヒタキ科
形態スズメくらいの大きさ。頭から背、翼、尾羽にかけて鮮やかな赤茶。雄は額から胸にかけてと、脇が黒い。雌は黒いところはなく、胸や腹はくすんだ白。幼鳥は雌に似ているが、赤茶が薄い。スズメと比べると足が長く見える。

※名がアカヒゲとなった理由は???  >>>関連URLに、文書あり
生息種類留鳥
概要国の天然記念物。
環境省の定める「日本の絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」により、希少野生動植物種に指定されているため、捕獲、販売、譲渡などが原則禁止されている。実施する場合は、環境大臣の許可が必要となる、

【分布】
奄美群島に分布する。徳之島では森林や沢沿いに多いが、川沿いに残った森の名残りや、その周辺にある民家の庭先に住み着くこともある。沖縄本島や種子島、屋久島などに生息するのはホントウアカヒゲやウスアカヒゲで別亜種である。

【生態】
さえずりは「ヒーフーハレハレハレハレ・・・」など複雑で美しい。警戒するときは「コロロロロ、コロロロロ」と鳴きながら近くを飛び回る。威嚇する際は「キーン」と甲高く鳴く。森林の樹洞で繁殖することが多いが、民家や小屋の隙間を利用することがある。民家周辺では人間に慣れてしまう個体がいるが、森林では警戒心が強い傾向がある。樹上でも採餌するが、路上で昆虫やミミズを食べる姿を見かけることが多い。

【島内の目撃情報】
県道松原轟木線のような山間地を通る道路周辺や、当部林道などで見られる。浅間の給食センター周囲や、高釣のがけなど樹木の茂った場所なら集落の近くでも見られるが、茂みから出てこないため発見は難しい。湾屋にある「ウンブキ」の周辺では、人に慣れたアカヒゲの雄が見られる。
観察できる場所森林を抜ける道路や林道、渓流や沢
関連URLhttps://drive.google.com/file/d/1hIA13e7NJjHjL8i8RETwlAt0O65IxC4m/view?usp=sharing

PageTop