リュウキュウコノハズクの雄

リュウキュウコノハズク (Ryukyu Scops Owl or Elegant Scops Owl)

名称(ヨミ)りゅうきゅうこのはずく
中分類フクロウ目
小分類フクロウ科
形態イソヒヨドリほどの大きさ。250ccの飲料缶くらいの印象でかなり小さい。全体が褐色だが、赤茶っぽい個体もいる。胸には黒っぽい縦班が入る。警戒したり、怒ったときに耳のような羽毛(羽角)を立てる。本土に夏鳥として渡来するコノハズクとは別種だが、屋外での見分けは難しい。足指は可変対趾足(かへん・たいしそく)になっており、第4趾(くすりゆび?)が後ろにまわっており、前後二本ずつで獲物をがっちり捕まえることができる。
概要【分布】
奄美群島や沖縄県に分布する留鳥。久米島や八重山群島、台湾、フィリピン島嶼に分布する個体はやや大きく、別種の可能性がある。徳之島では奄美大島などで見られるリュウキュウアオバズクや、沖縄島で見られるリュウキュウオオコノハズクなどは見られず、本種のみが分布する特異性がある。沖縄県、南大東島には亜種ダイトウコノハズク(Daito Scops Owl)が分布する。

【生態】
昼間は林内で木に擬態して休み、主に夜活動する。稀に昼でも鳴くことがある。雄は春先から秋にかけて「コッ・コホッ、コッ・コホッ・・・」と鳴き、雌はそれに応えるように「ニヤッ」「ミャウ」と鳴くが、稀につがいでない雄を威嚇するために「コホッ」と鳴く。動物食で、主にバッタやカマキリなどの昆虫やクモ類、ヤモリなど食べる。時折、巣から落ちたと勘違いして雛を捕まえてしまう人がいるが、多くの野鳥は飛べないうちに巣立つから、保護でなく誘拐?連れ去り?である場合が多い。

【島内での目撃情報】
多くは森林に分布するが、町内では集落内にも飛来し、時折校庭のガジュマルの樹洞(じゅどう)や、民家の隙間でも産卵し子育てする。保健福祉センターや給食センターの換気扇から室内に入ったことがある。海岸にあるモクマオウの林でも観察され、岡前川津辺の平和の森や、伊仙町喜念浜の林でも見られる。島内では、河川沿いに木立が残っており、そうした地域に生息しながら、夜になると近くの集落の灯火にあつまる昆虫やヤモリを食べることがある。
観察できる場所森林、海岸の林、河川沿いに木立のあるところ

PageTop