ズアカアオバトの威嚇

ズアカアオバト (Whistling Green Pigeon)

名称(ヨミ)ずあかあおばと
中分類ハト目
小分類ハト科
形態キジバトやカワラバト=デンショバトより少し大きい。全体に緑がかった羽毛で、翼はやや茶色っぽい。尾羽の下側は、クマザサのような白い縁取りの羽毛で目立つ。くちばしと目のまわりのアイリングは青く、目の虹彩は赤い。
生息種類留鳥
概要【分布】
鹿児島県、屋久島以南から沖縄県にかけて留鳥として生息。ただし先島諸島には、別亜種チュウダイズアカアオバトが生息している。

【生態】
林や森林等、比較的樹木の多い場所を好むが、集落で果実を食べたり、営巣することもある。つがいで行動し、地面に降りることは稀。こぶしの利いた「ポーアオー・・・」と独特の長い鳴き方のため、林内では不気味に聞こえる場合がある。警戒心が強いが、春から夏にかけ繁殖期には勇敢になり、他の鳥をや人を威嚇したり、突進するように飛行することがある。通常は人が近づいても逃げず、じっと通り過ぎるのを待つため、気づくのは難しい。

【島内の目撃情報】
集落から森林まで至る所で見られるが、樹木が少ない畑地では見られない。天城町役場敷地内の、リュウキュウマツに営巣したことがあった。
観察できる場所樹木の多い集落、森林

PageTop